外壁塗装 見積もり ポイント

外壁塗装の見積もりのポイントと必要な料金の調べ方

外壁 塗装 料金

外壁の塗装 料金

外壁 塗り替え 費用

外壁塗装 価格

外壁の塗装 費用

 

夢のマイホーム。買ってしまえば終わり・・・ではありません。
家には当然ながらメンテナンスが必要で、特に外壁塗装は外見はもちろんですが中の構造体を保つためにも10年に1度は行うことをオススメします。

 

でも、実際は高額な費用がかかるためそんなに頻繁には出来ませんね。
それでも、20年何もせずに放置すればコーキングが傷んで雨漏りや腐食の原因となります。
そうなる前に何とかしておきたいですね。

 

外壁塗装の費用は2階建ての一軒家で約100万円ほどかかります。
でも実際は業者によって工事費も違いますし、使う塗料によっても変わります。

 

だから複数の業者から見積もりを依頼するのがオススメです。

 

しかし、自宅になるべく近くて優良な塗装業者複数から見積もりを依頼するというのは、簡単なようで難しいですね。
そもそも優良な業者って、どうやって判断すればいいのでしょうか?

 

そこでオススメなのが、外壁・屋根の優良塗装業者紹介です。
こちらで紹介される塗装業者は、年間施工数や設立年数、資格の有無など厳しい審査を通過しなければなりませんので、実績のない悪徳業者は排除されるようになっています。

 

第3者が入ることで、高額な外壁塗装の契約もスムーズかつ、トラブルを避けることが出来ますよ。
まずは簡単に入力ができる、見積もりを依頼してみませんか?

 

外壁 塗装 料金相場

 

 

外壁塗装の必要性

 

外壁塗装の必要性

 

ウチの外壁はまだまだ綺麗だから、外壁塗装はもっと後でも大丈夫です。
最近の外壁は昔と違って汚れたりしないから、外壁塗装は必要ない。

 

そう感じますよね。
確かに最近の新しい家は素材の変化で汚れが目立たないものが多いので、外壁塗装の必要性を感じないかもしれません。

 

しかし外壁塗装の本当の必要性は、壁の汚れではなく壁と壁の間の部分の補修を行うことです。
壁のすきまに流し込まれているコーキング剤は、経年劣化によりボロボロにひび割れてしまいます。

 

このひびから雨が浸み込むと雨漏りして、家の内部にまで被害が出てしまうのです。

 

雨漏りは家をゆがめたり、湿気でカビたり、腐食したりととにかく厄介な存在なので、多くの方が外壁塗装と同時に屋根の塗装も行うのです。
屋根の状況は下からは見えませんから、やったほうがいいです。

 

このように「10年に一度外壁塗装を行ったほうがいい」というのには、ちゃんとした理由があるのです。

 

 

外壁塗装の日程

 

外壁塗装の日程

 

外壁塗装には沢山の工程があり、どの作業も1日がかりになるため日数がかかります。
塗料自体は3回塗るのが普通ですが、1回塗るごとに乾燥させなければならずその結果、2週間くらいかかることもあるのです。

 

@足場を組み立てる
A高圧洗浄で壁の汚れを落とす
B下地(ヒビや割れなど)の処理と調整
C養生(色を塗らない部分の保護のこと)をする
D下塗り
E中塗り
F上塗り
G仕上がりの最終確認を行う
H足場の解体と清掃

 

このように作業が多いうえに、家の広さや外壁の傷み具合もそれぞれ異なります。
家が大きければ大きいほど作業にかかる日数は長くなりますし、外壁の傷みがひどい場合も日数がかかります。
梅雨や台風の時期のように天気が悪い日が続くと作業できませんし、塗料の乾きも悪いのでその分期間が長くなります。

 

ですから「外壁塗装の日数は〇日です!」とははっきり断言することができないのです。

 

外壁塗装で使用する塗料

 

外壁塗装 塗料

 

外壁塗装の塗料には種類がいくつかあり、値段と耐久性がそれぞれ異なります。
どんな種類があるのでしょうか?

 

塗料にはアクリル系・ウレタン系・シリコン系・ラジカル・フッ素系・光触媒の塗料などがあります。
こんな沢山の種類の中から、どうやって選べばいいのか迷いますね。

 

耐久性が低い塗料は値段が安く、耐久性が高い塗料は値段が高いのです。

 

耐久性の低い塗料は長持ちせず数年で剥がれてしまうので、その結果次の外壁塗装までの期間が短くなるのです。
ですから、値段の安さだけで塗料を選ぶのはオススメできません。

 

この中で一番人気の塗料はシリコン系です。
シリコン系塗料は耐久性に優れており、色も豊富、値段も手ごろなのでよく使われています。

 

だた、今は2015年に発売されたばかりのラジカル塗料の人気が急上昇中です。

 

ラジカル塗料は家を傷めるラジカルを抑制するため耐久性がアップしたのに、シリコン系塗料と同じくらいの値段です。
値段が変わらないならより性能の高い塗料を選びたいですね。
もしラジカル選びたいなら、塗装業者に扱いがあるか聞いてみましょう。

 

他にも自分で汚れを浮かせて雨で洗い流す機能を持つ光触媒塗料などは、とても良いのですがやはり費用が高額になります。

 

塗料については塗装業者としっかり話し合って決めると良いですね。